Sophia Phyto-therapy CollegeSophia Phyto-therapy College

ヒルデガルトの植物を学ぶ会

講座案内

オープンカレッジ

ヒルデガルトの植物を学ぶ会

[講座時間] 19:00~21:00
ドイツには、多くの地域で薬草園が見られます。その園内には「ヒルデガルトの植物区画」が特別に設けられている所も少なくありません。多くの人びとに愛されている12世紀の修道女ヒルデガルト・フォン・ビンゲン(1098-1179)が50歳を過ぎてから書き示した「フィシカ」(自然学)。ここには薬草230種、樹木63種の解説がなされ、今に生かされているのです。この会では、ヒルデガルトを通して植物のパワーを頂き、ヒルデガルトの人となりをご一緒に学んでいきます。

講座内容

『ヒルデガルトの医学の特徴』 第2回 西洋・近代医学との比較~ヒルデガルト~シュタイナー~クナイプ神父~ドイツ自然療法の系譜を探る~

話し手 林真一郎

ドイツはヒルデガルト・フォン・ビンゲンの他にもクナイプ療法を体系化したセバスチャン・クナイプ神父やアントロポゾフィー(シュタイナー医学)を構築した、ルドルフ・シュタイナーなど自然療法の大家を輩出しています。こうした療法の内容を知り、毎日の暮らしでの自然治癒力の活かし方を提案します。

★とりあげる植物 ネトル(イラクサ)& ワームウッド

話し手:豊泉真知子
イラクサは、道端や藪でよく見かけ、触ると非常に痛いです。ワームウッドはハーブ園に欠かせない、とヒルデガルトは言っています。
イラクサを健忘症に!自分自身でも意識しないでも忘れる事が多くなったら、記憶力の番人としてイラクサが助けになります。月が満ちる時期に、フレッシュなイラクサを摘み取って、細かく砕き汁を絞り出し、ほんの少しのオリーブオイルに混ぜます。入眠時に胸や両方のこめかみに塗って休みます。2~3ヶ月続けてください!5月がワームウッド(ニガヨモギ)の採取に適しています。日本でも苦みのある山菜を食べる時期ですが、ヒルデガルトはこの苦いワームウッドをハチミツとワインで整え、口に含んで有効成分を取り入れるよう薦めています。ヒルデガルトは決して正確な量を記していないので、ワインに入れるニガヨモギの液汁の量にしても、エリキシルの摂取量にしても、私たちは経験に頼らざるを得ません。すでに実証されている量は、リキュールグラス一杯、およそ20mlです。

★宝石療法 カーネリアン 『ヒルデガルトの宝石療法』P.45

著者シュトレーロフ博士によると、「宝石は、皮膚を介して、全ての器官と自律神経に送信され、代謝、ホルモン調節、神経伝導や免疫システムに影響を与える」と、いうことです。カーネリアン(紅玉髄)は、赤い色が血を連想させ、鼻血によく効くとヒルデガルトは書いています。ワインに入れ沸騰させ、温かいうちに、それを飲むと数分で鼻血がとまるのです。

注意事項・持ち物

筆記用具・テキスト『ヒルデガルトのハーブ療法』
※お持ちの方は『ヒルデガルトの宝石療法』もご持参ください。

※9月1日(金)の講義内容は5月19日(金)終了後に告知致します。

※告知チラシはこちらからダウンロードしてください。→チラシをダウンロード

受講料

¥3,780(税込)

  • MORE
  • MORE