Sophia Phyto-therapy CollegeSophia Phyto-therapy College

ソフィアフィトセラピーカレッジの特長
オープンカレッジ

オープンカレッジ

ヒルデガルトの植物を学ぶ会

1DAY

ドイツには、多くの地域で薬草園が見られます。その園内には「ヒルデガルトの植物区画」が特別に設けられている所も少なくありません。多くの人びとに愛されている12世紀の修道女ヒルデガルト・フォン・ビンゲン(1098-1179)が50歳を過ぎてから書き示した「フィシカ」(自然学)。ここには薬草230種、樹木63種の解説がなされ、今に生かされているのです。この会では、ヒルデガルトを通して植物のパワーを頂き、ヒルデガルトの人となりをご一緒に学んでいきます。

  • 講座申込へ
  • 講座一覧へ

講座内容

[講座時間] 19:00~21:00

『クリスマスにちなんだ精油やハーブの最新情報』

話し手 林真一郎

イエス誕生の際の東方の3賢者からの乳香・没薬・黄金の贈り物が現在のクリスマスプレゼントの起源といわれています。今回のセミナーではクリスマスにちなんだ精油やハーブを取り上げ、その機能性の最新情報をお伝えしたいと思います。クリスマスパーティーの準備を兼ねてぜひご参加ください。

★とりあげる植物 『ミスルトゥー(西洋ヤドリギ)』 ~神聖なミスルトゥー クリスマスシーズンに家に飾り悪霊を追い払う~

話し手:豊泉真知子
葉や枝に毒性のあるビスコトキシンが含まれています。とくに冬は、有毒成分(複数)の含有量が高く、どんな物質が含まれるかは、宿主である樹木の種類により、リンゴの木に寄生したものが、リンデン、カエデ、ハリエンジュ(ニセアカシア)、ポプラに寄生したものより、毒性は低いです。高血圧を下げる作用があり、心臓が弱い場合や動脈硬化にも良いです。低血圧の場合は血圧を上昇させるはたらきもある「ミスルトゥーティー」は必ず水出ししましょう。水には、軽い有毒成分(例えば、グリコシドビスカルビン、ビスコトキシン)が溶け出さないためと、加熱により良い効果が減少するためです。

★宝石療法 サード(紅玉髄) 『ヒルデガルトの宝石療法』P.62

著者シュトレーロフ博士によると、「宝石は、皮膚を介して、全ての器官と自律神経に送信され、代謝、ホルモン調節、神経伝導や免疫システムに影響を与える」と、いうことです。赤色のカーネリアンと双子の兄弟石。どちらもカルセドニーですが、それぞれが持つ治癒力は違って、インフルエンザの頭痛や感染症や帯状疱疹には、サードのネックレスが有効だとヒルデガルトは書いています。 新刊『中世ドイツの修道院医学 ヒルデガルトの精神療法・・35 の美徳と悪徳』にもそれぞれに宝石療法が書かれていて、 「サード」は、2:気まぐれ/秩序、13:憂うつ/至福、27:現生の不安/基本的信頼に、適応させています。

注意事項・持ち物

筆記用具・テキスト『ヒルデガルトのハーブ療法』
※お持ちの方は『ヒルデガルトの宝石療法』もご持参ください。

※第50回は11月24日(金)です。ひと月前のクリスマス会をお楽しみください。

※告知チラシはこちらからダウンロードしてください。豊泉先生ご推薦の新刊情報も!→チラシをダウンロード

受講料

¥5,400(税込)

  • MORE
  • 講座申込へ
  • 講座一覧へ