Sophia Phyto-therapy CollegeSophia Phyto-therapy College

暮らしに、もっと、植物のチカラを。暮らしに、もっと、植物のチカラを。

暮らしに、もっと、植物のチカラを。

「森の中を歩いていたら、気持ちが軽くなった」
「ハーブティーを飲むと胃腸の調子が良くなる」
「お風呂で使うアロマオイルの香りが好き」

人間はさまざまな形で植物を利用し、日々の暮らしに役立ててきました。食物としてはもちろん、彩りを愛でるアート、衣服の材料、 そして、病気やケガを治す医療…….。

日本はもちろん、世界各地で 多様な活用方法が生み出され、今日に至っています。こうした植物のさまざまな使い方すべてを備えているのが 「フィトセラピー」なのです。

「植物療法」と訳されるため難しい印象を受けるかもしれませんが、普段、何気なく利用してきた植物のチカラを理論的に分かりやすく整理しようとフランスで生まれた考え方です。

「フィトセラピー」は単なる植物活用法にとどまりません。人との接し方、日々の暮らしとの向き合い方といったその人の生き方そのものに大きなヒントをもたらす可能性があります。

植物の恵みを生かす技植物を育み環境を整える技植物の恵みを生かす技植物を育み環境を整える技

植物の恵みを生かす技
植物を育み環境を整える技

ギリシャ語でPhyton(フィトン)は「植物」、Therapeia(セラピア)は「治療」と共に「奉仕」を意味します。ハーブを使う医学を指すだけでなく、植物の恵みを活用し育むことすべてが、フィトセラピーの範疇になります。また、一方では植物を利用するだけでなく、生育させるという面から、人と植物の調和的なバランスが大切と考えられています。

フィトセラピー:6つのカテゴリー

広範囲なフィトセラピーですが、主にアロマセラピーをはじめとした、6つのカテゴリーによる植物療法として体系づけられています。

フィトセラピー:6つのカテゴリーフィトセラピー:6つのカテゴリー

知ってるつもりだった植物の意外な特長

植物は動物のように移動できないことから、太陽光線や虫や細菌などの害に対抗する成分を自らの内に作りだしました。これをフィトケミカル成分(植物化学成分)といい、その働きが科学的にも裏付けられてきています。フィトケミカル成分には主として以下のような働きがあります。

1.自然治癒力をサポートする

私たちは生まれながらに自分のカラダを健康に保つ能力を持っています。ストレス社会に生きる私たちは時としてこの能力が十分に発揮できずココロとカラダに不調和をきたします。そのような時に、ハーブはその能力を十分に発揮されるように手助けをしてくれます。あくまでも自然治癒力が主役でハーブがそれをサポートする脇役です。

1.自然治癒力をサポートする

2.抗酸化力

私たちは食事をして得た栄養素と呼吸で得た酸素を使い、生きるためのエネルギーを作りだしています。私たちにとって酸素はなくてはならないものですが、過剰な酸素が活性酸素となり、細胞をキズつけ老化を促進させることがわかっています。フィトケミカル成分(植物化学成分)には強い抗酸化力があるため、活性酸素の害を抑えて抗老化=アンチエイジングの働きをします。

2.抗酸化力

3.解毒力(デトックス)

私たちのカラダは放っておけば老廃物がたまってしまいます。口にする食品添加物から環境ホルモンなどの有害物質も取り込まれる心配があります。ハーブにはそのような老廃物を排出する働きがあります。

3.解毒力(デトックス)

4.多成分

1つのハーブには何百、何千、何万といわれるフィトケミカル成分が含まれています。カラダへ穏やかに作用するので副作用の心配がありません。多成分による相乗効果があります。バランスを調整しながら働きかけるので、たとえば、胃健のハーブでも胃酸過多、過少の両方に使えるのが特徴的です。

4.多成分