Sophia Phyto-therapy College

ソフィアフィトセラピーカレッジの特長
オープンカレッジ

オープンカレッジ

ヒルデガルトの植物を学ぶ会

1DAY

ドイツには多くの地域で薬草園が見られます。その園内には「ヒルデガルトの植物区画」が特別に設けられている所も少なくありません。12世紀の修道女ヒルデガルト・フォン・ビンゲン(1098-1179)が50歳を過ぎてから執筆した「フィジカ」(自然学)では薬草230種、樹木63種の解説がなされ、今に生かされています。この講座では、ヒルデガルトを通して植物のパワーを学び、彼女の人となりを知る手がかりになる知識を探求していきましょう。

講座内容

[講座時間] 19:00~21:00
講師:豊泉真知子・林真一郎

★修道院の薬草箱の処方解説 <泌尿器系のトラブル>

泌尿器系のトラブルへの対処法は修道院の初期の時代から確立されていました。ハーブには利尿効果がありますが単に水分を排出するだけではなく高血圧を招くナトリウムや痛風を招く尿酸なども排出することが知られています。ネトルやスギナ、ダンディライオンなどの利尿系ハーブについてその特徴や活用法を解説します。

★ヒルデガルトの植物 セイヨウオダマキ

セイヨウオダマキは、草丈30~70cm程度に成長し、青~紫色の花を咲かせる植物です。ドイツの道端でもよく目にします。まだまだ心配なインフルエンザ、子どもの発熱、はしか、風疹、おたふく風邪、水疱瘡、ヘルペス、アンギーナ、アレルギー性発熱、リンパ節の腫れ、ポリープ、リンパドレナージには、セイヨウオダマキのチンキ剤をおすすめします。ヒルデガルトは、「熱があるものはセイヨウオダマキのジュースを搾り、少量のワインを加え、何度も飲むとよい」発熱には5~10滴を1日に3回、子どもは3滴を3回、食前に摂るとよいでしょう、と記しています。

★35の美徳と悪徳

ネガティブな感情をポジティブな生き方に変換する良い方法とは!?

第3.脊椎は第3頚椎 「謙虚さについて」ここの器官は嗅覚器官で、嗅覚障害、副鼻腔炎、三叉神経痛などに対応し、宝石は耳と同じ主にジャスパーです。ヒルデガルトは、愛に生きた修道女です。自分の人生を豊かにする、愛に満ちた力強い方法をテキストの中から探っていきたいと思います。

※次次回の講座内容は、次回の講座が終了し次第、このページでご紹介します。

注意事項・持ち物

筆記用具・テキスト『ヒルデガルトのハーブ療法』『修道院の薬草箱』『ヒルデガルドの精神療法 35の美徳と悪徳』すべてフレグランスジャーナル社

受講料

一般/協会員ともに税込¥3,850-(税抜¥3,500-)

  • MORE