Sophia Phyto-therapy College

ソフィアフィトセラピーカレッジの特長
オープンカレッジ

オープンカレッジ

ヒルデガルトの植物を学ぶ会

1DAY

ドイツには、多くの地域で薬草園が見られます。その園内には「ヒルデガルトの植物区画」が特別に設けられている所も少なくありません。多くの人びとに愛されている12世紀の修道女ヒルデガルト・フォン・ビンゲン(1098-1179)が50歳を過ぎてから書き示した「フィシカ」(自然学)。ここには薬草230種、樹木63種の解説がなされ、今に生かされているのです。この会では、ヒルデガルトを通して植物のパワーを頂き、ヒルデガルトの人となりをご一緒に学んでいきます。

講座内容

[講座時間] 19:00~21:00

★修道院の薬草箱の処方解説~第1回精神的なトラブル

話し手 林真一郎

心身のストレスから不眠や倦怠感など精神的な不調を招くことがよくあります。今回は不眠や神経過敏、抑うつなどの精神的なトラブルに対するハーブの処方を解説します。受講される方は 『修道院の薬草箱』 フレグランスジャーナル社 を当日、ご持参ください。

★ヒルデガルトの植物 エルダー/セイヨウニワトコ

★宝石療法 サファイア

話し手:豊泉真知子

ドイツの初夏に咲く白い花、お茶やワインにと多彩なエルダーの花です。秋になると実がなり、赤く熟すとジャムになるエルダーは、どこの家でも植えていた貴重な樹木。ドイツの街のあちこちで見られます。家庭と子どもの神であるホレおばさんの化身が、エルダーだと考えられていたため、かつてはエルダーの木がない家はありませんでした。エルダーは庭先の薬箱でした。ドイツ語でHolunder となり、これが、グリム童話の「ホレおばさん」です。ヒルデガルトは黄疸の際の興味深い発汗療法について記しています。エルダーの葉を熱した石に置いて、水を注ぎ、蒸気浴をします。「それからエルダーの新芽を混じりけのないワインに入れて、ワインにその風味をつけ、それを蒸気浴しながら飲みなさい。浴した後は、ベッドに入り、汗をかくこと。これをしばしば行えば、治癒します」毒素を汗で出してしまう方法です。ゲルマン人の間では、エルダーの小さな木は神聖で、家と農場に恵みをもたらす守り神の住処と考えられていました。

※次次回の講座内容は、次回の講座が終了し次第、このページでご紹介します。

注意事項・持ち物

筆記用具・テキスト『ヒルデガルトのハーブ療法』
※お持ちの方は『ヒルデガルトの宝石療法』『修道院の薬草箱』もご持参ください。

受講料

一般/協会員ともに税込¥3,850-(税抜¥3,500-)

  • MORE