Sophia Phyto-therapy CollegeSophia Phyto-therapy College

ソフィアフィトセラピーカレッジの特長
オープンカレッジ

オープンカレッジ

ヒルデガルトの植物を学ぶ会

1DAY

ドイツには、多くの地域で薬草園が見られます。その園内には「ヒルデガルトの植物区画」が特別に設けられている所も少なくありません。多くの人びとに愛されている12世紀の修道女ヒルデガルト・フォン・ビンゲン(1098-1179)が50歳を過ぎてから書き示した「フィシカ」(自然学)。ここには薬草230種、樹木63種の解説がなされ、今に生かされているのです。この会では、ヒルデガルトを通して植物のパワーを頂き、ヒルデガルトの人となりをご一緒に学んでいきます。

  • 講座申込へ
  • 講座一覧へ

講座内容

[講座時間] 19:00~21:00

『ホリスティック医学としてのヒルデガルトの治療学』

話し手 林真一郎

これからの医療を考えるうえでのキーワードのひとつにホリスティック医学があります。そしてヒルデガルトの治療学はホリスティック医学の原点ともいわれています。今回のセミナーではホリスティック医学とはどのような医学であるのかを解説していきたいと思います。

★とりあげる植物 『ニオイスミレ』

話し手:豊泉真知子
3月から4月にかけて、5~12 センチほどの紫がかった青色の花を咲かせます。ヒルデガルトは、特に傷の治療に重要な三つの薬草を挙げています、このニオイスミレとヤロウ(セイヨウノコギリソウ)、ベアトラム(キク科ジョチュウギク・ローマン)で、いずれも一般的にドイツの道端で見かける薬草です。すぐに治療に応用できると言われ、実際にヘルツカ博士もこれらの薬草を戦場で治療に役立てたそうです。 このスミレの化粧品がドイツにありまが、シュトレーロフ博士の「スミレの花水」もその一つで、肌ケア商品となっています(爪の菌の手入れやニキビ肌に)ヒルデガルトは「スミレは温と冷のあいだです。空気(風)から、すなわち冬が去って風が暖かくなりはじめたとき、成長します…」(『フィジカ』1-103)と記しています。空が雲に覆われてまだ寒いうちは、この小さな花の繊細で強い香りにもほとんど気がつきませんが、やがて太陽がその香りを解き放ちます。晴れた乾燥した天気のとき、できれば朝のうちに摘み取るのがベストです。この華奢で小さな花は、雨で洗い流されてしまうと、精油もうまく保つことができなくなります。使用部位は、花と、ハート形の葉です。スミレ軟膏やスミレオイルが腫瘍などに効果的と書いています。

★宝石療法 ジルコン・ヒアキント 『ヒルデガルトの宝石療法』P.81

著者シュトレーロフ博士によると、「宝石は、皮膚を介して、全ての器官と自律神経に送信され、代謝、ホルモン調節、神経伝導や免疫システムに影響を与える」と、いうことです。ジルコンは空気が穏やかに暖まる日の出の頃生まれます。緑内障、アレルギーによる感染症、熱に。 精神障害。性障害(下着に縫い付ける)と書いています。

注意事項・持ち物

筆記用具・テキスト『ヒルデガルトのハーブ療法』
※お持ちの方は『ヒルデガルトの宝石療法』もご持参ください。

※第52回は5月25日、第53回は8月31日、第54回は11月30日です。連続した講座ではありません。1回のみや途中からの参加も可能です。

※告知チラシはこちらからダウンロードしてください。豊泉先生ご推薦の新刊情報も!→チラシをダウンロード

受講料

¥3,780(税込)

  • MORE
  • 講座申込へ
  • 講座一覧へ