Sophia Phyto-therapy CollegeSophia Phyto-therapy College

「認知症予防推進プログラム」シンポジウム
梅沢 富美男✕小浦 誠吾✕池田 明子

去る2018年12月1日(土)、佐賀県の神埼市中央公民館にて、認知症予防推進プログラムのシンポジウムを開催しました。

西九州大学のこうした試みは、文科省の「私立大学研究ブランディング事業」に選ばれています。認知症予防プログラムを開発・実施する為に、佐賀県の各自治体と協力し、認知症初期集中支援事業をサポートする地域包括ケアシステムを構築し、認知症の一次・二次予防を積極的に推進するプロジェクトが評価されています。

「認知症予防推進プログラム」について

SAPS(認知症予防推進プログラム)

すべての地域生活者が、生涯にわたって「こころ」と「からだ」の健康を維持し、社会とのつながりを持ち続けることで、幸福な一生(サクセスフル・エイジング)を実現することです。

西九州大学はなにをしてるの?

西九州大学が擁する医療・健康・福祉・教育・心理の専門研究者の知見を総合し、「生活支援を科学し・実践する」ために、地域社会と協働のもと、以下の認知症予防推進プログラムに取り組みます。

期待される研究成果

認知症施策において後れをとっている佐賀県の現状を全国水準に引き上げ、認知症の一次予防、二次予防の体制整備と実施が円滑に遂行されることによって、サクセスフル・エイジングを実現を目指しています。

小浦 誠吾教授

同大学のリハビリテーション学科長、小浦 誠吾教授は園芸療法を用いた認知症予防研究に尽力し、フィトセラピーやハンドケアの活用にも積極的な研究者の1人です。

シンポジウムを開催しました

SAPSの進捗状況報告

去る2018年12月1日(土)、佐賀県の神埼市中央公民館にて、認知症予防推進プログラムシンポジウムを開催しました。当日は総勢700名近い方が参加され、大盛況となりました。認知症予防に対する関心の高さが伺えます。

池田 明子の基調講演

同大学の客員教授、そしてソフィアフィトセラピーカレッジ校長の池田明子が「認知症予防と進行予防につながる真のコミュニケーションの構築に向けて―めぐりと心を整える、ハンドケア ―」をテーマに講演を行いました。

梅沢富美男、認知症を語る

俳優・歌手の梅沢富美男氏による「生涯現役―家族のチカラ―」のスペシャルトークで、会場は大盛り上がり。認知症予防や高齢社会に対する考えを、自身の人生訓と共に語る様子は、大いに笑いありの時間となりました。

ラストの座談会

リハビリテーション学科作業療法学専攻の小浦誠吾教授、池田明子、梅沢富美男氏による座談会も好評のうちに終わり、さまざまな側面から考える認知症予防の裾野の広さを実感するシンポジウムとなりました。

シンポジウムの様子を動画で

サガテレビのニュースで紹介

地元佐賀県のローカルTV局、サガテレビでは、シンポジウムの様子が特集され、ニュースにもなりました。
ニュース記事はこちら

シンポジウム参加者のコメント

「今から(セルフハンドケア)やろうと思う。健康のためには自分が認知症にならないように年が年なので」
「認知症について関心を持つきっかけになった」
「有意義な時間を過ごせた。これからの人生の活力になった」
「ハンドケアは、難しくなくすぐに出来ることなのでとてもためになった」

Sophia Phyto-therapy College

翌2日には、西九州大学 健康支援センターで同大学 地域生活支援学科 福祉生活支援コースの卒業生向けの講座を行いました。

小浦誠吾教授が講師を務める「認知症予防ハンドケアセラピスト認定コース」のご案内はこちら!

  • MORE
  • 講座申込